便利さをもとめていいじゃない!

便利さを求めることは決して悪ではない。現在の生活を豊かと感じるに至った
のは、便利さを求めての飽くなき追求であったことも確かだ。しかしそのことが量的に拡
大して、処の増大で地球環境の危機を招いてしまった。

よく
だから今、便利さを求めてきた手綱を引き締めるのが緊急の課題になってきた。慾を断
つことであろう。しかし、我慢して慾を断っているうちはまだ不充分だ。そのうちに慾を
断つことに充足感を覚えるようになる。なんとなく修行のように思えてきた。多分、これ
が儒教の世界だったのではないだろうか。宗教の書物は難解そのものだが、こんな軸線で
読んでみると、現代でのみ通用する新しい解釈が得られる可能性がある。慾を断つ充足感
とはこれに似たものではなかろうか。